高品質な全塗装品を作る(ツール紹介等)

高品質な全塗装品を作る(ツール紹介等) -ぱとぷら 改造あれこれ

本日は私自身が使用している製作ツールや使用頻度の高いツールについてご紹介したいと思います。
私のように腕はないけどできるだけ高品質な全塗装品を作りたいという方に向けて、少しでもお役に立てればという趣旨です。

分かりやすいように実際の製作の流れに沿いながらご紹介いたします(^^)

製作フロー

仮組(全体チェック、可動部のクリアランス確認等)

使用ツールのご紹介 -ぱとぷら

初めてキットを組む時にまずやる事ですが、完成イメージを知るために組み立てます。
関節部を曲げて、どの部分が擦れやすいか等クリアランス確認もしておきます。

ニッパーでランナーから切り出す時は、ゲートから切り離す用の安いニッパーと、パーツに残ったゲートを除去する切れ味の良い片刃の2種をもっておくと良いと思います。
いわゆる『2度切り』と言われる方法ですね。
パーツを切り出す際に一番怖いのは、ゲートを除去する際にパーツをえぐって傷をつけてしまう事なので、できるだけこのリスクを無くすために2度切りをします。

仮組で組む際、ダボに切り込みを入れてパーツが分解しやすいようにしておきます。
それでも分解しにくいパーツなどもあるので、パーツオープナー等のこじ開け用の器具をもっておくと便利だと思います。

必要なもの

それなりのニッパー(1,000円~)

あると良いもの

切れ味の良いニッパー(3,000円~)

パーツオープナー

改造(モールドの追加や造形変更等)

HGUC 1/144 ヤクト・ドーガ(ギュネイ・ガス専用機)改修・全塗装 製作02 なんでファンネルがあんなに持つんだ!? -ぱとぷら

次にスジボリでパネルラインを追加したり、スタイル変更、ディテールアップをしていくのですが、最初に完成イメージをどれくらいの工数で作るか決めて、その中で出来る事を考えるほうが良いと思います。
予めゴールを決めておくのはモチベーション的にも大事だと思います。

私の場合、「できるだけ少ない手間で大きな効果が見込める」方法をまず考えます。
アーマーの裏打ちや肉抜き穴埋めなど、たしかにクオリティはアップしますし、当然やった方が完成度は高くなるのですが、見えないところは基本的に放置です(;´∀`)

理由は見ようと思わないと見えないからです。
それなら見えているところにリソースを割いたほうが良いという考え方です。
非常に企業的思考ではあるのですが、時間は替えが効かない貴重なリソースであるというのは趣味でも仕事でも同じですよね。
もちろん趣味だからこそ時間をつぎ込むという考え方を否定しているわけではありません!

必要なもの

定規は一本は持っておくほうが良いと思います。(私の場合必須です)


デザインナイフ。私の場合はクラフトナイフとデザインナイフを用途に合わせて使いわけています。

私の場合、プラ板は1mmが一番頻度が高いです。
重ねれば厚くなりますし、厚すぎれば削るようにすれば1mmさえあれば割となんとかなります

プラ用の接着剤

個人的に一番使用頻度が高いのがポリパテです

BMCタガネは0.15か0.2あたりを一本は持っておく事をおすすめします。
本当に良品質だと思うので、結果的に代用品を探すよりも安くなると思います。

>>スジボリ堂さんで不定期にて抽選販売

ガイドテープ
曲線や角をまたぐ際など柔軟で追従性があるため重宝します。


粘着力が落ちず判別しやすい色や透過性があるため使い勝手がよくメインで使用しています。

薄刃のノコギリ。
極薄なので精密な切断が要求される場面での使用に向いています。
曲がりやすいですが、丁寧に使えば割と長持ちします。
クラフトナイフの刃部分に付け替えて使用できます。

価格は高くなりますが、もっと快適に工作したい方はこちら


上記よりも刃幅があるので精密さには欠けますが、一般的なノコギリのような扱いやすさがあり切断力があるため上記と使い分けるのが良いです。

瞬間接着剤は硬化後削りやすい物がおすすめです。
色がついたものもあり、用途によっては色付きのほうが使いやすかったりします。

あると良いもの

使うと分かる便利さ
>>スジボリ堂さんのパーフェクトバイス1号

私の場合瞬着と硬化剤はほぼ必須ですが、なくてもできない事はないということで…。


ランナーゴミで代用はできるのですが、時短で使用しています。
色々種類がありますが、個人的に外径3mmが一番使用頻度が高いです


プラチップの埋め込み用のミゾを作る時や、開通したくない円モールド作りの際に使えます。

削りカスなどで粘着力が落ちズレやすいため割と使いどころは限られますが、透明かつ量は多いため持っていても良いと思います。

表面処理(やすり掛けや合わせ目消し等)

高品質な全塗装品を作る(ツール紹介等) -ぱとぷら

最近のキットは合わせ目が目立たないように工夫されているものが多いのですが、少し古いキットなどは合わせ目ががっつり目立ってしまうものなどあるため、中には消したほうが見栄えがあがるものもあると思います。
1/144キットの全塗装の場合、クリアコートまで終えると、ヒケや合わせ目はあまり目立たなくはなるのですが、実際に手にとって見ると違いは分かると思います。
私の場合、やすり掛けは240~800番までを使用します。(1000以降は用途が限定されるためほとんどつかいません。)

必要なもの

私の場合、ほとんどペンサンダーですが、小さいパーツ等は適当なサイズに切断したプラ板に両面テープで紙やすりを貼り付けて使用する事が多いです。
1/144サイズのキットだと小さいパーツが多く、ペンサンダーだけでは細かい部分に対応できないためです。
そこそこの大きさのものは神ヤスを装着したペンサンダー、小さいものはプラに貼りつけた紙やすりで対応しています。


マスクは使い捨てでも良いのですが、できればしっかりとしたものを一つ購入しておくと良いと思います。
塗装時だけでなくやすり作業でも粉塵対策は必須です。

あると良いもの

電動やすり。個人的には必須級ですが、なくてもry

洗浄

表面処理が終わったら洗浄です。
やすり掛けが終わり気が楽になります(;´∀`)

中性洗剤入りの超音波洗浄機で洗いつつ、溝に入った削りかす等は歯ブラシで落とします。

必要なもの

あると良いもの

下地塗装

高品質な全塗装品を作る(ツール紹介等) -ぱとぷら

サーフェイサーを塗布します。
サフを吹く理由はいくつかありますが、やすり掛け等の小さな傷を埋め、表面をなだらかにしてくれるのでほぼ必須の作業です。

私はサフ1に対して薄め液2~4位の割合で希釈します。
シャバシャバのほうがムラがでにくく、塗料の乗りが良い気がするからです。
液だれしやすい等デメリットもありますし、使っているエアブラシやエア圧によって最適な希釈率は変わるとおもいますので、自身でやりやすい設定を探すのが良いと思います。

ムーバブルフレームなどの内部フレームはガイアノーツのメカサフシリーズ、赤や黄色等の発色を良くしたいカラーの場合はピンクサフ等のカラーサフを使用します。

必要なもの

一例です(私が使用しているエアブラシセットです)

塗装ブース

サーフェイサー

薄め液、洗浄液

あると良いもの

下記のスポイトはほぼ使い捨てなので、しっかりしたものが欲しい方は有機溶剤・酸・アルカリに対応したものを購入したほうが良いです。

本塗装

高品質な全塗装品を作る(ツール紹介等) -ぱとぷら

ようやく塗装です。
嫌いなものを平らげてようやく好きなものを食べる時のような感覚です笑
本当にやるべきことが多いんです(;´Д`)


画像をみると表面がつやつやなのが分かると思いますが、エア圧や希釈等上手く設定できているとムラなく均一に塗料が乗り本当に気持ちが良いです(*´Д`*)

下地のサフがしっかり塗れているかが重要です。

必要なもの

塗料
※2023年7月現在、塗料が高騰しています。できるだけお金をかけずに楽しみたい場合は、下記3原色と白、黒(全て光沢)を優先して揃え、用途に応じて調色するのが良いと思います。

部分塗装(塗分けや墨入れ等)

高品質な全塗装品を作る(ツール紹介等) -ぱとぷら

ラッカー塗料で塗装した場合、部分塗装や墨入れはエナメル塗料を使用すると楽になる事が多いです。
エナメル塗料は乾きにくく塗料が剥がれやすい反面仕上がりが綺麗なので、こちらも三原色と白黒は優先して揃えておくと良いと思います。
私は筆塗りがあまり得意ではないので、部分塗装もマスキングしてエアブラシ塗装する事がおおいです。

必要なもの

あると良いもの

綿棒と使い分けています

エナメルの蛍光塗料は透過性があるため、ビーム・サーベルやレンズ表現部分で良く使用します。

マーキングデカール

高品質な全塗装品を作る(ツール紹介等) -ぱとぷら

画像は全体バランス確認のため組み立てていますが、クリアコート前は非常に脆いため、できるだけ組み立てずに作業するのが良いです。
水転写式のデカールを使用する場合はマークセッター等も用意します。

必要なもの

あると良いもの

仕上げ(トップコート)

HGUC 1/144 ガンダムMk-II(エゥーゴ仕様)改修・全塗装品 完成(Ver.pato3.0)

私はつや消しクリアでのコートが多いですが、メッキやキャンディ塗装の場合は光沢仕上げのほうがカッコ良くなると思います。
とはいえ正解はないと思うので好みで仕上げるのが良いと思います(*´∀`)

まとめ


改修しつつの全塗装は必要なものが多いですし非常に大変ですが、完成した時の満足度はきっと高いと思います。
世界にひとつだけのオリジナル作品なんですから(*´ω`)

プロモデラーでも何でもないので偉そうな事は言えませんが…、
私も最初は上手く作れませんでしたが、トライアンドエラーを繰り返すことで、それなりに高品質(自己評価です!)な作品を作る事が出来るようになりました。
失敗は次に活かされていきますし、継続する事が大事なんだと思います。

長々とみて頂きありがとうございました(*^^*)

改造あれこれ雑記
スポンサーリンク
シェアする
ぱとらんをフォローする
ぱとぷら